指摘箇所を自動抽出

レビュー対象ドキュメントをドラッグ&ドロップして登録するだけで、目次や見出しといった文書構造をアウトラインとして自動作成します。
アウトラインを指定し、指摘を登録することで、ドキュメントの章ごとの指摘件数や進捗状況が一目でわかります。

レビュー対象の目次や見出し構造を
自動解析

登録したドキュメントを解析し、目次や見出しをアウトラインとして作成します。 指摘はアウトラインと紐づくため、レビューの指摘事項に「X章 図○○」や「XXXクラス YYY関数」といった指摘箇所を記入する必要はありません。

    対応フォーマット
  • Microsoft Office文書 (Word, Excel, PowerPoint)
  • PDFファイル
  • ソースコード(C, C++, C#, Java, Python, VB.NET, Typescript)
  • Markdown形式

アウトラインから指摘箇所へ
ジャンプ

アウトラインをクリックすると、成果物を開き、該当する箇所へジャンプします。
指摘修正にすぐに着手できます。

対応エディタ

  • Microsoft Office (Word, Excel, PowerPoint)
  • Adobe Acrobat Reader
  • Visual Studio Code
  • Sublime Text
  • 秀丸

機能一覧FEATURE LIST

Lightning Reviewの機能を一覧でご確認いただけます。

機能一覧を見る